「人望のない人は「たった一言」が添えられない - 東洋経済オンライン」を読んで思ったこと

人望のない人は「たった一言」が添えられない - 東洋経済オンライン
https://toyokeizai.net/articles/-/164314
を読んで思ったこと

冒頭で、仕事中の会話の9割は、「報告」「連絡」「相談」であると記載がありました。

いわゆる、「ホウレンソウ」 って言われるやつですね。

良く、社内で聞く言葉ですが、あらためて聞くと、なんのことだっけと思ってしまいました。

相談はいいとしても、報告と連絡って同じことのようなきがして・・・

google先生に聞いてみたところ

報告とは・・・ 業務内容等の経過や、結果を 上司や先輩に報告すること

連絡とは・・・ 関係者にたいして、周知したい内容を伝えること

相談とは・・・ 判断に迷うようなことを 上司や先輩にアドバイスしてもらうこと

とのことでした。


長いこと、会社員をしていますが、良く理解できていないものです。
よくまあ、こんな基本的なことも理解しないで、今まで社会人としてやってこれたものだと自分に関心します。


ホウレンソウが上手にできない人の特徴は起こったことと思ったことを混同して、報告する人とありました。


記事のような報告をする人は、どんな会社にもいると思いますが、

自分が思うに、そのような方は、誰が、ミスをしたかにたいして、一番の問題として考えるような方が多いように思います。

誰が、ミスをしたか、では無く、どうやって問題を解決するかに注目して会話進めたいものです。
問題をスムーズに解決し、今後のミスが起こらないような、対策をとることが優先されると思うのですが、
誰がミスをしたのかに注目する方は、責任の所在にばかり興味があり、げんなりすることがあるなともいました。


相手の気持ちを引き寄せる、すごい一言


この内容が一番、胸にぐざっときました。

褒める、感謝、謝罪、のように、感情に訴えるような言葉の後に、一言付け加えるだけで

こんなに、ぐさ、ぐさくるものかと、


感謝の言葉 ・・・ ありがとうございます。
一言    ・・・ ○○さんのおかげで、うまくいきました。

感謝の言葉だけだと、場合によってうそっぽく聞こえますが、一言付け加えるだけで、
実感のこもった、感謝された方が気持ちよくなる言葉で、相手の感情を操れる、悪魔的感謝の仕方だと思いました。


大変申し訳ありませんでした。ご指摘いただいたおかげで、よりよいものにできると思います。ありがとうございます。


明日は、悪魔的、感謝と謝罪で乗り切ろうと思います。




この記事へのコメント